2018年03月10日に初出の投稿

Last modified: 2018-03-10

会社では Atom をメインのテキストエディタにした。但し、テキストファイルを「軽快に」開きたいときは(笑)、いまだに xyzzy の方が圧倒的に速いので、xyzzy を使い続けている。起動時間の差は歴然としているからだ。Atom は Java アプレットかと思うような鈍重さなので、確かに IDE だと思えば分からなくもないが、それなりに面倒臭い。

あと・・・どうも Atom を使っていてやりにくいと思ったら、これ IME の入力方式が変わってもアイビームの形状や色がぜんぜん変わらないんだな。で、僕はワードラップを設定しているので(実は Atom はワードラップの適用を頻繁に失敗するのだが)、日本語を打とうとして英数文字モードだったりすると、Enter を押したら当然だけど改行してしまう。そうすると自動でタブが追加されてしまうので、バックスペースをダダダダと打って、それらのタブを消しながらアイビームを元の位置に戻す・・・という下らない作業を何度も繰り返す羽目になる。

Atom のアイビームは、日本語 IME なんて知ったこっちゃないという人々が開発しているので、変えようがない。「アプリケーション側で固定するな」という意味での default オプションもないからだ。なので、MS-IME のプロパティで「IME入力モードの切替の通知」というやつを有効にした。これで、僕は Shift + Space で IME の入力モードを切り替えているのだが、切り替えるたびに(かなり鬱陶しいが)画面の中央に入力モードが大きく表示されるので、現時点のモードは通知領域の言語アイコンを見ないと分からないが、入力モードを意図しないモードへ変更してしまっていないかどうかは分かるようになる。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook