Tumi’s 3D Metallic Cursor

河本孝之(Takayuki Kawamoto)

Contact: takayuki.kawamoto@markupdancing.net

ORCID iD iconORCID, Google Scholar, PhilPapers.

First appeared: 2023-01-06 18:07:59,
Modified: [BLANK],
Last modified: [BLANK].

Tumi’s 3D Metallic Cursor

This article is about my favorite and long-used animated cursor which I firstly used this in 1999 on Windows 98 SE. Unfortunately the author of this cursor retired from making or modifying their product soon, but I know many people love the Tumi’s 3D Metallic Cursor or other products even not as modified at all since 1999, and someone converted from the original file into other format on Linux even in 2021 (but this person could not contact the original author.) Anyway, I have used the Tumi’s 3D Metallic Cursor since 1999 to now (2023) and this fact and long experience will be sufficient for making such a web page to respect the creative product, although mostly written in Japanese below.

Tumi’s 3D Metallic Cursor のご紹介

Windows に限らず、新しいパソコンや OS を導入すると、多くの人は壁紙を好きな画像や色へ替えてみたり、あるいは業務上の理由から無用な UI 効果を無効にしたり、何らかの「カスタマイズ」をやっています。僕も自分のパソコンを手に入れてから、いまでも壁紙を変えたり UI の効果を変更していますが、1999年に使い始めてから Windows マシンで一貫して使い続けているカーソルが、この Tumi’s 3D Metallic Cursor です。自宅のマシンは言うまでもありませんが、職場で使っている業務用のマシンであろうと、買い替えたり Windows をヴァージョン・アップしたら、まず最初にやるのがカーソルを Tumi’s 3D Metallic Cursor に入れ替えることなのです。もちろん、Windows の標準的なカーソルでも構いせんし、カーソルが何であるかによって僕の技術者あるいはデザイナーとしての能力や生産性が変わったりするものではありませんが(そんなことに左右されるほどレベルの低い職業人ではありません)、長年の習慣みたいになっています。

そして、こういう習慣を続けていて感心させられるのが、このカーソルが初めてリリースされてから2023年で四半世紀近くにもなるのに、いまでも最新版の Windows 11 で問題なく使えるという明白な事実です。他の色々なソフトウェア(もちろん Windows も含まれます)は常に修正したり改変していかないといけない中にあって、この Tumi’s 3D Metallic Cursor には動作不良も見た目の不具合もありませんし、もちろんオリジナルを使っている限りはセキュリティ・ホールもありません(無料ソフトのサイトなどで勝手に配布されている場合は、マウス・ポインタにも不正なプログラムが仕込まれるリスクはあります)。確かに、Windows というプラットフォーム、それからパーソナル・コンピュータを運用した生活という、技術的、産業的、経済的、あるいは社会的な事実に依存しているという点では、おおよそ四半世紀に渡って同じファイルを使えてきたという事実を支えている他の事情や原因も無視できません(逆に言えば、僕らは Windows どころかマウスというデバイスを使わなくてもよくなる日がくるんでしょうか)。しかし、いまのところこれだけの長年に渡って問題なく使えてきた、そしていま現在でも高く評価する人がたくさんいるカーソルについて、その性能だけでなく作者についても賞賛するべき理由が僕にはあります。少なくとも、あの子供が描いたイカのようなディフォールトのカーソルを使わずに四半世紀近くを過ごせたことに敬意を払って、このようなページを作成しても許される筈です。

Tumi’s 3D Metallic Cursor

Tumi’s 3D Metallic Cursor は、“Tumi” というハンドル・ネームの作者が公開していた Tumi's Crazy Page (以下、本稿では “Crazy Page” と略記します。Geocities にあったオリジナルのサイトです。他にも Plima と Xoom にミラー・サイトがありました)というサイトの記載によれば、1998年8月10日に初めて公開されて、背景色を正しく透過させるための調整などを加えて9日後にはバージョン 1.2 にまで修正されています。ちなみに、1999年5月19日に彼の弟(Frane)も “3D Metallic” というカーソルをリリースしていて、それが同じサイトでダウンロードできるようになっていたようです。

1998年にリリースしてから、Tumi’s 3D Metallic Cursor は幾つかのサイトで紹介されたりダウンロード・サイトに登録されたりしており、Chris Pirillo という人物が運営していた LockerGnome というサイトでも紹介されたことから、Crazy Page には多くのビジターが集まり、改変のリクエストや質問などメールも大量に寄せられたようです。そのうち、Tumi 本人がゲストブックなどで嫌がらせを受けたりと色々あったらしく、制作意欲などが減退して行って、既に1999年の10月にはサイトの更新も止まっており、カーソルのクリエイターである “Tumi” の活動は実質1年だけだったことが分かります。もっとも、当時の Tumi は既に学校を出て就職していたようなので、仕事が多忙になったことと多くの人々を相手にしなくてはならない事情とが重なって、活動を止めたのかもしれません。これは、他のフリーソフトウェアやシェアウェアの作者にも頻繁に起きることです。

このようなわけで、Tumi が自分のサイトでリリースした 1.2 というヴァージョンが現在でも最新のプロダクトであり、リリースされていた ZIP ファイルに同梱されているアニメーション・カーソルのファイルスタンプが1998年8月19日であることから、僕が所持して今でも使っているファイルがヴァージョン 1.2 であると分かります。また、同梱されている readme.txt にも “Tumi's 3D Metallic 1.2” と書かれています。

なお、この readme.txt には以下のような記載がありますから、再配布は可能と判断して、当サイトでもオリジナルのままダウンロードできるようにします。

You can use this set for free but when distributing, please include this readme.txt in it's original archive. [このカーソル一式は自由に使えます。ただし、配布するときはオリジナルのアーカイブに入っている、この readme.txt を同梱してください。]

Tumi's 3D Metallic Cursor (version 1.2) (80,512 bytes)
Checksum in SHA3-256:
ade051d0a465d874fb2c8fbfff38d5845f598a0c9c4c684ecfe37abf8e181919

Tumi 自身の紹介文

Shortly after my second set, "Tumi's 3D 98 Cursors", I made this Metallic set. The reason for creating this set is because my previous set was not what I have expected which doesn't means that it isn't good. One other reason is that I have always loved reflection materials as well as refraction but refraction is impossible to make so here is my Metallic set. I think I have done a good job here but you can't see much on this picture how these cursors look like and act like, so just download them and see for yourself how enjoyable and easy they are to use. Of course they are all smoothly animated and in true color. Don't let black and white colors fool you. They all look like they were made of steel, reflecting as they spin and move. In my opinion this is so far my best set of Windows animated cursors, so do not waste your time reading this and get busy downloading. You see the button and you know the procedure so just *click* and don't forget that suggestions and comments are always welcome. I hope you'll enjoy using them.

["Tumi's 3D 98 Cursors" という二つ目のカーソル一式をリリースしてからほどなくして、僕はこの Metallic のカーソル一式を作った。僕がこのカーソル一式を作ったのは、それまでに作ったカーソルが悪かったわけじゃなくて、期待したものとは違っていたからだったんだ。他にも、僕はもともと光を反射する物質だけでなく光を屈折させる物質が好きなんだけど、光が屈折したように見えるカーソルを作るのは不可能だから、その代わりに光を反射するように見える Metallic のカーソル一式を作ったんだ。これはよく出来たカーソルだと思うけれど、まだカーソルがどう見えたり振舞うのか君には分からないだろう。なので、このカーソル一式をダウンロードして、このカーソルがどれほど素晴らしくて使いやすいかを実感してもらいたい。もちろんカーソルは true color で表示されて滑らかに動く。素晴らしいと宣伝しておきながら、いざ使ってみると、ディフォールトのカーソルみたいに白や黒で表示されてしまうようなインチキはない。カーソルは鋼で作られているかのように、回転したり移動したりする。いまのところ、Windows のアニメーション・カーソルとしては僕の作った作品の中でもベストな一式だと思う。ここを読む暇があったら、ぜひダウンロードしてもらいたいね。ボタンは見えてるだろうし、手順は分かってるだろうから、単にクリックすればいい。そして、助言とかコメントはいつでも歓迎するのでお忘れなく。このカーソルを使って楽しんでね。]

https://web.archive.org/web/19990202140313/http://www.geocities.com/CollegePark/Quad/2914/

Tumi’s 3D Metallic Cursor

Tumi’s 3D Metallic Cursor は、Windows 用のマウス・ポインタ(カーソル)であり、アニメーションするように作られているため、「アニメカーソル」とか「アニメーション・ポインタ」とも呼ばれています。アーカイブをダウンロードしてご覧いただくと分かるように、各カーソルはマウスのステータスによって異なる単独のファイルになっていて、拡張子は .ani です。これは、静止画で作成する複数のマウス・ポインタ(.ico ファイル)をアニメーション GIF のように合成しており、背景色を指定することで背景色に指定した色を透過させられるようになります。マウス・ポインタの設定方法は一般的なカスタマイズの手順として多くのウェブ・ページや本にも書かれているため、ここではご紹介しません。

Tumi’s 3D Metallic Cursor

冒頭に戻る

作者の Tumi について

まず最初にお断りしておきますが、ここで必要以上に個人の情報を調べ上げて、正確であるかどうか検証しようもないのに公表するつもりはありません。いちおう、電通を始めとする大手広告代理店のウェブ制作案件を20年近くも担当してきた、中小企業で情報セキュリティや個人情報保護のマネジメントを担当する人材としては桁違いの実績と実力があると自負できる者として、仕事で貫徹している方針を、いくら自分のプライベートなサイトのコンテンツだからといって軽視するわけにはいきません。したがって、ここでは Tumi 本人が Crazy Page で公表していたコンテンツと、オリジナルの Tumi’s 3D Metallic Cursor のアーカイブ・ファイルに同梱されている readme.txt などのリソースだけを元にご紹介しておきます。

Crazy Page の “About me” で自己紹介として書いているように、“Tumi” は1998年の当時はクロアチア共和国に住んでいました。イタリア半島の東に面するバルカン半島の国で、ユーゴスラビアから独立した後もクロアチア内に残っていたセルビア人がクロアチアの統治を拒否してユーゴスラビアの軍隊も介入する紛争(同時期に、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争も進行していた)が1995年に終わったばかりという時期です。Tumi はクロアチアの南部でアドリア海に面したザダル(Zadar)の出身で、そこから沿岸に沿って北にあるリエカ(Rijeka)の学生でした。3年で修了する “Faculty of Maritime Studies”(海洋学部)で最終年度に在籍していたようですが、リエカは港湾都市という事情で複数の大学が海洋学部を構えているため、具体的にどこの大学に通っていたのかは分かりません。もっとも、本人は学業のことは聞かれたくないらしく、他にも色々とやっていて忙しいとしか書いていません。ただし、その中でもコンピュータやグラフィック・デザインは好きだと書いていて、いっときはコンピュータ・ゲームに没頭していた頃があったようです(ゲームの次に止めたいのはタバコだが、何度か試して成功していないと書いてます)。その他の個人的な趣味とか好みは、あまりカーソルの話とは関係がないため、ここでは割愛します。

なお、Tumi はカーソルをリリースし始めてから暫くすると、フリーウェアを公開するサイトで取り扱ってもらうためという事情があったらしく、1998年9月20日付の告知で Pankaj Arora Software と、どうやら代理店契約のようなものを交わしたようです。よって、当時はフリーウェアやシェアウェアを紹介するサイトがたくさんあったので、そういうところから紹介させてくれという引き合いに対応する窓口として、マウス・ポインタの提供元を Pankaj Arora Software に委託して対応を任せたのかもしれません。ただ、その関係がいつまで続いたのかもわかりませんし、この Pankaj Arora Software 自体が代理店事業をいつまでやっていたのかも不明です。

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook