冒険倶楽部工房 DC-34

河本孝之(Takayuki Kawamoto)

Contact: takayuki.kawamoto [at] gmail.com.

ORCID iD iconorcid.org/0000-0002-7867-2654, Google Scholar

First appeared: 2018-06-06 22:56:57,
Modified: 2018-06-12 21:35:06,
Last modified: [BLANK].

DC-34 基本スペック

DC-34

このページは、株式会社中林製作所(新潟県三条市下大浦600-1, 37.598667, 138.995995, Google Maps Link)のブランドである “DURO CARGO” の商品として発売されている、“DC-34” という小物入れを紹介します。最初にお断りしておきますが、このページを制作・公開する理由は、この商品について検索してもアフィリエイトや EC サイトの商品ページしかヒットしなくて頭に来ていたからだったので、このページでは商品を購入するためのリンクは殆ど掲載しません。飽くまでも気に入ったアイテムの紹介が目的なので、売れるに越したことはありませんが、購入したい方はアマゾンなり楽天なり勝手に探してください。また、お近くの DIY ストア、あるいは和製英語で「ホームセンター」と呼ばれる店(DIY の資材・工具や作業着なども揃えてある大規模店舗)でも販売されているかもしれません。

商品名 DC-34 デューロカーゴ小物ケース
品質表示 本体: 綿(帆布)、ウレタン、合成皮革 / カラビナ: アルミニウム
製造 株式会社中林製作所(冒険倶楽部工房)
〒955-0168 新潟県三条市下大浦600-1
中林製作所
サイズ 高さ: 約 180 mm / 幅: 約 130 mm / 厚み: 約 50 mm(何も入ってない状態)

DC-34

冒頭に戻る

DC-34 を使って

確か2年前、2016年頃に会社の同僚(現在は退職)が腰に小物入れをぶら下げていたのを見かけて、これは便利だと思ったのでした(とは言え、その同僚が下げていたのは DC-34 よりもかなり大きな小物入れでしたが)。その当時、僕は前年度(2015年度)の健康診断で中性脂肪の値が高いと指摘されたので、運動不足を解消するために、会社からは徒歩で帰るようにしていました。すると、途中で中之島公園を始めとして写真を撮っておきたい場所がたくさんあったり、すぐにスマートフォンを取り出してネットアクセスしたくなったりしていたので、小物入れを腰に下げてスマートフォンを入れておけばよいのだろうと思ったわけです。これに加えて、当時はスマートフォンを胸ポケットに入れていたのですが、だんだん巨大になってきたスマートフォンは単純に重いと感じるようになっていましたし、いわゆる「ファントム・バイブレーション症候群」にイライラしてもいました。スマートフォンを遠ざけたいのですが、本当に電話がかかってきたときにバイブレーションが分からないのでは困ります。そこで、腰に付けた小物入れにスマートフォンを入れておけば、バイブレーションにも気づくと思ったのです。こうした幾つかの事情が重なって、腰に下げる小物入れが欲しいと思うようになったのでした。

こういう小物入れを手に入れるための見当は、既についていました。ホームセンターに行ったとき、こういう小物入れを見ていたからです。最初は同じ場所で売っているスマートフォン専用のケースを物色していたのですが、今度は同じコーナーで売っている小物入れを色々と見ておこうというわけで、或る日曜日の午後に連れ合いとホームセンターへ出かけました。ホームセンターなので、DIY の工具や建材が数多く揃っていて、小物入れやプロ仕様の工具入れもたくさん置いてあります。そして、その中から見つけたのが DURO CARGO の DC-34 だったわけです。他にも、一回り大きくて色々なものが入れられそうな商品や、スマートフォンだけを入れられるくらいの更にコンパクトなケースもありましたが、(1) DC-34 は合成皮革の手触りがよく帆布やナイロンの商品に比べて高級感があること、(2) 同サイズの商品としてはポケットが多くて便利だと思ったこと、(3) スマートフォンを入れてみたら出し入れしやすく、しかも口が開き過ぎないので、スマートフォンが飛び出す心配がないと思ったこと、(4) ベルト通しが2本あって落脱する心配が低いこと、(5) その当時の税抜き販売価格で 1,500 円弱という手ごろな値段だったこと等の点で DC-34 を選びました。これらの着眼点について、いまでもホームセンターに足を運ぶと新しい商品を眺めていますが、DC-34 を総合点で超える事例はありません。

もちろん DC-34 に全く欠点がないというわけではありません。DC-34 のカラビナ(der Karabinerhaken)は「スクリューロック(screw-lock)方式」と呼ばれていて、スリーヴ(軸ざや)を回してゲートを閉めたまま固定したり開けたりします。僕が使っている限りでは、この DC-34 のカラビナはスリーヴが軽いので、少しの振動でも独りでにスリーヴが回転してゲートが開いてしまうことがあります。もちろん、こういう商品に使われているカラビナは登山用でもないでしょうから、必要以上の高品質を要求するものでもないのでしょう(おおよそ小物入れにあれこれと入れても落ちないていどの強度なら実用としては問題なく、登山用の 24 kN などという耐荷重性能はオーバースペックもいいところです)。ですが、スリーヴが外れてしまってゲートが剥き出しになっていることが多かったので(つまり外からバネを押す力さえ加わればゲートが開いてしまう状態)、僕はカラビナを全く使わずに本体の二か所のベルト通しだけを使っていました。また、カラビナは本体の背面に付いているので、ベルトを通して腰に DC-34 を装着すると、カラビナがぶら下っている位置を気にせずにいたら腰にカラビナが当たって痛かったという経験もあります。

冒頭に戻る

再び買いなおす

DC-34

DC-34 を買いなおして、ポケットに所定の小物を入れてみたところです。

DC-34

いちばん大きなポケットにスマートフォンを入れるのは当然ですが、その次にホックが付いているポケットは、中身の安全性を考えてキャッシュカードの金属ケースが入っています。更に前面にもポケットがあり、ここは付箋セットが入っているのですが、実は一度もここから取り出して使ったことはありません(笑)。ペンを挿せるホルダは三つありますが、三色ペンと蛍光ペンだけ挿しています。以前はよく使ったのですが、会社で昼休みに食事を採りながら読書してもあまり頭に入らないことが分かったので、何か必要があって字を書いたり蛍光ペンでマーキングするときのために挿してあるといったところです。こうして記事を書くために改めて点検してみると、同価格帯の他の小物ケースと比べて収納の容量が大きいというのは DC-34 の一つの特徴だと思うのですが、十分に使いこなしているとは言えないようです。何を入れて、どう使うかは、いちど再検討してから成果をここで追記しましょう。

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook