2018年05月11日に初出の投稿

Last modified: 2018-05-12

ネクタイの卸売を主体としていた。並行輸入品の取り扱いによる他社との差別化、またインターネットで通信販売を行うなど売上強化に努めていた。しかし、納品先の百貨店が偽物対策の一環から並行輸入品の取り扱いを縮小したことに加えて、夏場の軽装を推進する「クールビズ」の浸透により、ノーネクタイが一般化したことでネクタイ需要が減少。消費不況の影響もあり、経営環境は厳しさを増し事業継続を断念、今回の措置となった。

(株)モンテローザ

この倒産した会社さんの創業は平成13年(2001年)だった。ウィキペディアで調べると、大きな影響を受けたクールビズは2005年からのキャンペーンらしいので、確かに影響を創業の後から受けたのは分かる。なるほど、昨今は夏になるとネクタイを締めていない勤め人を堂島でも多く見かけるようになったし、そもそも僕のように普段からワイシャツもスーツも着ない人間は最初から関わりのない話だ。最後に自分でネクタイを買ったのは、20年以上は前だったと思う。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook