2019年03月12日に初出の投稿

Last modified: 2019-03-12

『憲法序説』(ダイシー/著、伊藤・田島 他/訳、学陽書房、1983)

日本の内閣総理大臣が「法の支配」の対義語を知らなかったという話があって、この話を取り上げている一部の人々は憲法を勉強する学生が1年生で習うことだと言うのだが、そんな証拠はない。僕は、いまやアマゾンで4万円ほどのプレミア価格になっているダイシーの『憲法序説』を大学に入る前にイェリネクの『一般国家学』などと一緒に買って眺めていたから知っていたフレーズだが、憲法学の講義で教わるかどうかは教員によって違う。少なくとも、僕は大学で長谷川正安さんの講義では聴かなかったと思う。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook