2018年02月20日に初出の投稿

Last modified: 2018-02-20

ファイルのバックアップにしても、サーバのメンテナンスにしても、ハードウェアを自力で保管したり購入するのは手間も費用もかかる。そういうわけで、ファイルのバックアップもサーバの運用もクラウドサービスを利用するのが、ひとまずは妥当なのだろう。いまの会社では、これまでファイルサーバや外付け HDD を山のように購入したり買い替えてきたし、データセンターでハウジングしてもらっている筐体や HDD も何度となく買い替えてきた。サーバの筐体については、この10年ほどのあいだで延べ40台くらいは買い替えてきた筈だ。そのたびに数百万(もちろん当社にサーバを搬入からアプリケーション設定まで全てできるのは僕しかいないので、昔は僕がデータセンターで作業していたのだが、最近はベンダーさんにお願いしていて、その費用も当然ながら含まれる)というコストがかかる。そういうわけで、ようやくデータセンターにある全ての物理サーバをクラウドサービスへ、来月中に移設することになった・・・ていうか、いきなり来月かよ。こっちは受託案件の作業があるのに。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook