2018年04月18日に初出の投稿

Last modified: 2018-04-18

添付画像

これは Medium のスマートフォン・アプリケーションで表示された、設定画面のボタンだ。あいかわらず使う人が感じる印象について何も調べずに UI をデザインしている、はっきり言って二流の仕事である。こんなスライド・ボタン(いちばん上のボタン)を見せられたら、僕は現状で "All email" の設定が On なのか Off なのか、にわかに判断できない。なぜなら、緑の色がついている "Off" は影のついた窪みに見えるので、現状では "On" となっているようにも見えるし、背景色が白いので、色が変わっている "Off" に選択されているようにも見えるからだ。このように、使う人にたやすく混乱を惹き起こすような UI を導入するくらいなら、どれほど無骨でもブラウザがディフォールトで用意しているラジオボタンを使う方がマシである。

また、下(中段)のようなパターンに替えてみたところで同じである。対向ステータスの文字を消したところで、現状のステータスを表しているのか、それともこれから操作することで設定されるターゲットのステータスを表しているのか、にわかに判断しかねる。そして下段はインスタグラムから適当に選んだスライド・ボタンだ。立体的な形状なので、ボタンがどちらを選んでいる状態なのかは見て分かり易くなっているものの、やはり上のボタンは右へスライドさせたら "Off" になるのか、それとも現状で "Off" の状態だと言いたいのかがわからない。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook