2017年07月12日16時55分 に初出の投稿

河本孝之Takayuki Kawamoto

Last modified: 2017-07-12 16:55:43

歩きスマホ中は脳が活性化 東北大研究 転倒予防・リハビリに応用

こういうのも「健康・リハビリのために(キリッ」みたいな安っぽいヒューマニズムが繋がると鬼の首を取ったかのような記事を書く奴が出てくるんだけど、<往来で>歩きながら画面を眺めている人間は、確実に全体の移動効率を下げるノイズだよ。何を不道徳な行為をエクスキューズするような調子でものを書いてるのか。それとも、ITMedia はいつから携帯キャリアやメーカーからのステマを受注するようになったのか。歩きスマホが普及して事故が増えると、委縮効果が出て長期的に損をするのは携帯機器の業界なのに、カジュアルに電話ごときを「肌身離さず」持ち歩くスタイルを普及させるという近視眼的な目的だけを優先して、こういう太鼓持ちのような記事を書いていると、最後の最後には自分たち自身が報いを受けるのだ。

自分の娘や息子が、携帯の画面を見ながら突っ込んでくる車に跳ねられて、少なくとも自分たちライターや記者と同じ程度の人生は送れたかもしれないものを途中で終わらせることになっては困るだろう。

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook