2017年05月17日11時54分 に初出の投稿

河本孝之Takayuki Kawamoto

Last modified: 2017-05-17 11:54:10

ダイバーシティの議論でよくわからないところがあるのは、これを「多様性」という観念に簡単に連結させる人がいるんだよね。ここ数年は指摘する機会が増えたのだけれど、この通俗的な多様性の観念を抱き続ける人たちにはっきり言っておくと、現実の自然界の多様性というのは淘汰も含めたプロセスの結果なのであって、仲良しこよしの学芸会じゃねーんだよ。そしてダイバーシティの方は、本来は業務や事業と関係のない性別とか国籍とか年齢とか足が片方ないとかいった不当な基準や尺度でものごとを判断するのを止めようという話の筈なのであって、差別という論点が抜け落ちるとただの CSR で対応すればいいとか、原資に余裕のある会社だけがやればいいという話で片付けられてしまいかねない。

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook