2017年03月14日16時23分 に初出の投稿

河本孝之Takayuki Kawamoto

Last modified: 2017-03-14 16:23:47

「ボキャブラリー」の変化が、人間の思考を変化させている――思想を歴史的に研究する意味とは 現代思想・政治思想史 重田園江氏インタビュー

この方は、なぜ古典を読むべきなのかという問いに「時代」という概念を持ち出すのは、思想史の考察を経由した先にある結果を先取りしている結果論だと本当に知ってて仰っているのかな・・・なんか『シノドス』に掲載されてる文章とか、編集してるちきりん(笑)にしても、堅実な考察を丁寧に積み上げていってるという印象だけはあったんだけど、実際にはかなり予断の多い構図でものを書いたり書かせてるよねぇ。なんと言っても「シノドス」なんていう宗教用語だし。やっぱこれも、都内の院卒とかがやってる情報ベンチャーとか「自称メディア」にすぎないのかなぁ。

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook