2017年01月30日10時27分 に初出の投稿

河本孝之Takayuki Kawamoto

Last modified: 2017-01-30 10:27:36

ウェブ制作会社の経営者に多い思い込みとして、制作部署の人間は営業とか人事よりもウェブに詳しいというのがある。でも、制作部署の、特にディレクターとかデザイナーは、サーバやコンピュータの知識なんて営業の人と同じレベルだよ、実際のところ。これは本当に昔から、当社のように広告代理店案件をやってるようなウェブ制作会社でも、新卒か中途かの違いに関係ない。できない奴は職能や年齢と殆ど関係なく、そもそもコンピュータとか通信とかオンラインサービスとかに関心がなくて IT 企業やウェブ制作会社にいるんだよね。なので、殆ど素人並の知識しかなくてディレクターとかプロデューサーとかマーケターとかやってて、昔つまり「ウェブ業界はどこを向いているのか」を書いていた頃は、他の業界からきた無能が多いせいだと思ったけど、もう既にそういう次元ではなくなってきているような気がする。つまり・・・一種の「掃き溜め産業」になりつつあるのではないか。

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook