2021年04月02日に初出の投稿

Last modified: 2021-04-02

添付画像

DEEPな船場をディグろう - 船場センタービル 50th Anniversary

日中に2時間ほど出社して押印とか申込書の投函とかレガシーな仕事をしてきて、久しぶりに船場センタービルを通って帰ってきた。途中で上記のような50周年記念のチラシ(まるっきり産経新聞みたいな紙面デザインだが、「企画・制作/産経新聞社メディア営業局」とあるので納得した)をもらったので、スキャンしてご紹介しておこう。また、50周年の特設サイトもあって、(なぜか)鬱病をテーマにしたアニメーションや漫画も制作されたという。記事もそれなりの数が用意されている。コンセプトの説明や記事のリードなどにやたらと「DEEP」なるフレーズが出てきていて、建築物よりもテナントに焦点を当てていることが分かるので、観光やショッピングあるいはアート作品の鑑賞という目的で従来の来訪者よりも広い層に訴えようとしているようだ。

とかなんとか、新聞社の新卒が書く記事みたいだが、第一回目の記事には古くからの入居者が登場していて、歴史にかかわる興味深い内容となっている。あと、上記のような販促グッズは色々と作ってるようだけど、殆どそれらは船場センタービルでしか手に入らないという不思議な展開をしている。マーケティング的には非常に効果が低いと思うんだよね。来ない人に来て欲しいから、こういうものを作るんじゃないのか? Yahoo! JAPAN のトップ・ページでソフトバンクの広告を掲載するのとはわけが違うのだ。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook