2018年02月20日に初出の投稿

Last modified: 2018-02-20

添付画像

Secure Coding: Understanding Input Validation

何やらセキュア・コーディングについて書いているブログ記事ではあるけれど、添付した画像でお分かりのとおり、Facebook や Gravatar へのアクセスを RequestPolicy アドオンや Ghostery アドオンや Privacy Badger アドオンで遮断しているだけで、ページが崩れてしまう。CSS や JavaScript ファイルを読み込むのと引き換えに、どこかの CDN や ad network やアクセス解析サービスなどを経由しているのだろうか。正直言って、セキュリティについて書いている人間がこんなサイトを自覚もなく運営しているというのは、やや信じられない気がする。

この記事そのものは、はっきり言って僕らが読むほどの価値はない。初心者向けのバリデーションを説明しているだけだからだ。問題があるのは、海外ですらこの手の「やってみた」系の素人コンテンツが増殖し始めていて、まともなレベルのコンピュータ・セキュリティやコンピュータ・サイエンスの記事を投じる人が減っているのではないかということだ。もとより、ソーシャルメディアというものは自己顕示欲を満たすための「ソリューション」でもあるが、世の中に貢献しない「情報提供」などというものは無人島でつぶやく独り言と同じであるという価値観もしっかり根付いている筈だったのだが。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook