2018年02月20日に初出の投稿

Last modified: 2018-02-20

うん。そりゃそうだろうね。それで?

ミアシャイマー『なぜリーダーはウソを?』:うーん、あたりまえすぎて……

ちくま学芸文庫から再刊されたサスキア・サッセンの本についても、かつて単行本として刊行された際に山形さんは似たような苦言をアマゾンのレビューで書いていたのを覚えている。山形さんは、珍しい事跡の経緯を書くだけとか、物事に名前を付けるだけという博物学的な「業績」を昔から叩いていて、彼の感想は上記に尽きているのだろうと思う。僕も、書店で本書が面陳列されている様子をよく見かけるのだけれど、そんなに売りたい本なんだろうか。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook