2022年03月31日に初出の投稿

Last modified: 2022-03-31

添付画像

ラテン語辞書はこれを選べ!

ラテン語にも関心はあって、辞書を一冊は持っていたいと思うのだが、まぁ古典文学や哲学や宗教学のプロパーでもない限り関心をもつ人はいないため、死んだ言語については参考になる記事も少ないし、上記のようなページを読んでも不安がある。肝心の話題である「辞典」を「時点」と書いたまま校正すらしていないし、高価な辞書について「はたして、個人で購入するまででしょうか?」などと趣旨に反した日本語を平気で書いている。とてもラテン語を他人に講じる資格があるとは思えない(母国語を満足に扱えない人間が外国語など高度に習得して使えるわけがない)。

所詮、都内の成金が読むような軽薄記事をかき集めた媒体に掲載するような文章では、こんなレベルの品質で乱造されているのだろう。編集者も、僕のように2年ほどしか編集の仕事に携わっていなかった人間と比べても桁外れの無能に違いない。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook