2022年02月09日に初出の投稿

Last modified: 2022-02-09

添付画像

Yahoo! ID連携および、属性取得APIを引き続きご利用いただくには、改めて正確性向上のため、開示にあたり必要となる情報のご登録をいただくことといたしました。

【Yahoo! ID連携】個人情報保護法改正に伴う正確性向上のための登録情報再入力のお願い

各国で個人情報保護の対策をとるコストに見合わないという理由で、Yahoo! Japan は中国やEU圏から撤退するとの方針を出している。あれだけ日本国内で政府にもかかわって個人情報保護施策に影響を与えて、或る意味では業界を代表して法令を骨抜きにする役割を果たしてきた Yahoo! Japan の CPO のお歴々でも、海外までは神通力が効かなかったわけだ。

簡単に言えば、同じような理由でEU圏から撤退する可能性を示唆している Facebook (Meta) も含めて、マルチ・ステークホルダの立場を是とする〈まともなレベルと思想の〉Chief Privacy Officer を代表して、「ざまぁみろ」と言わせてもらおう。こうした事情で事業が縮小することを「クリエーティブへの足かせ」だの何のと繰り返してきた馬鹿どもは、頼むから Yahoo! Japan がこれまで「足かせ」とやらがなくて骨抜きにされた日本の個人情報保護法制下でどんな「クリエーティブ」だの「ものづくり」をやってきて、どういう成果や業績をコンピュータ・サイエンスや IT やデザインや広告で打ち立てたり確立したというのか、一つでも実例を見せてもらいたいものだね。そういうものが GDPR やら個人情報保護法の強化によって〈これから難しくなったり高コストになって投資に見合わなくなる〉という、明白な財務的証拠があればともかく、そんなものないじゃないか。上場企業なら IR 資料で見せてみよという話である。

ちなみに、Developer サイトへアクセスすると、過去に2件ほど API アクセスのプロジェクトを登録していた。もちろん、仕事やプライベートで常用する目的などないため、これらはさきほど全て削除した。2017年というから5年前に "warashibe" なんてプロジェクトを登録していたようだが、これは僕には覚えがない。Keepass にも記録がないし、これはなんだったのか。(もう一つは10年以上前に登録してみた覚えがある。)

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook