2019年05月31日に初出の投稿

Last modified: 2019-05-31

添付画像

YouTube で "science" と検索すると、こんなんだ。もちろん中東やアジアのコンテンツもたくさんあっていいわけで、文句を言いたいわけではない。検索キーワードや検索条件を色々と試さなければ目当てのコンテンツが見つかり難いのは、何も YouTube の動画だけに限った話ではない。それに別の国では、誰かが「YouTube で "anime" と検索すると、こんなんだ」と、東アジアの僻地に住む人々がアップロードした動画ばかり並んだ画面を掲げて、ブログに文句を書いているかもしれないではないか。

それにしても、海外では中東だろうと南アジアだろうと中南米だろうと、やはり「知は力なり」という現実があるからか、コンテンツのクリエーティブはともかくとして、その意欲は高いものがある。もちろん「後進国」と言ってしまえばそれまでだが、実は一部の国々は、そんな言葉を使って余裕ぶっこいてる東アジアの偏狭国家を追い抜く勢いだ。

それにしても、アラビア語とか読めない動画は最初から無視するからいいとして、アメリカ人のイカサマ野郎(女もいる)どもが上げてるクソみたいな偽科学や素人科学の動画は、もうどうしようもないな。で、日本でも同じ状況だけど、医者で医学博士とか、上位の大学の研究者とかでキチガイがいるから困るんだよね。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook