2019年06月04日に初出の投稿

Last modified: 2019-07-11

横浜シーサイドラインが示唆する鉄道の未来

この "ATO"(自動列車運転装置)って、報道が不正確なのでウェブの解説を幾つか読んだ方がいいと思う。ニューズ番組とかで無知な人間が書いた記事を読んでるアナウンサーの声だけでは、これ「自動運転」でもなんでもなく、中央の制御センターから遠隔操作で運転してるだけの、『列車でGO!』と同じものに思えるからだ。そうじゃなくて、横浜シーサイドラインに実装されてた装置は、路線のデータをもつ車両が ATC(自動列車制御装置)の信号とか、駅と通信して得たデータから、速度やブレーキングを、まさしく「自動」で決めていたのだから、これは確かに自動運転だ。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook