2019年11月01日に初出の投稿

Last modified: 2019-11-01

添付画像

結局、一般の日本人にとっての英語とは、「英和」と「和英」に尽きるのではないだろうか。日本で生活する限りは、日本語を介さずに英語をそのまま使うなどという主張は取れないと思っている。

読む辞典

しょーもないことを書くジジイだな。「一般の日本人」じゃなくて、「勉強したことを活用する能力もなければ機会を作ろうともしない趣味的な人々」と書き換えるべきだろう。他人様と一緒に「一般の日本人」などと雑に語るんじゃねーよ。

もちろん、日本語としての概念を会得する日本人として英和辞典の説明は腑に落ちる場合が多い。しかし、それは単なる習慣によって LCODE の説明も腑に落ちるようになるものなのだ。そこで抜け落ちるものはあるかもしれないが、それは実は多くの日本人が国語辞典だけで言葉のニュアンスを exhaustive に会得なんてできないのと同じなのである。例えば、同じ日本人でも「Twitter で話題になってた増田の記事」と言われて分かる人と分からない人がいるのと同じだ。アメリカ人でも、"you can resist like captain Pichard against them" と言われてもニュアンスの分からない人はたくさんいる。日本で生活しているという単なる事実と、英語の表現を英語で構成された概念として理解できるかどうかとは別の問題であり、結局は何十年と洋書を《眺めている》だけでは、この程度の言語に対する見識すら身に着かないといういい実例だろう。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook