2021年06月07日に初出の投稿

Last modified: 2021-06-07

「なんでやるか、やらないか、あんな議論するか、私は分からない。だって、オリンピックは世界のイベントなんですよ。世界のイベントをたまたま日本でやることになっているわけで、日本の国内事情で世界に『イベント(五輪)やめます』というのはあってはいけないと思いますよ。世界に対して、『やる』と言った限りはやる責任がある」と熱弁した。

五輪強行派の竹中平蔵氏「世論は間違ってる」に対し、「余計なこと言うな」と政府筋が嘆き節〈dot.〉

世界規模のパンデミックを「日本の国内事情」と言ってのける厚顔無恥さは、パソナを経由して公共事業や公共福祉の案件で金が入ってくるという事情からのポジション・トークだろうけど、「世論は間違ってますよ。世論はしょっちゅう間違ってますから」などとブーメランを飛ばすのは迂闊というものだ。自民党がこれだけ長期政権を続けていて、竹中氏自身も一時期は政府で席を占めていたのだって、その「世論」とやらのおかげではなかったのか。投票行動する「世論」は正しくて、自分たちのやることに反対する「世論」は間違っているなどと、子供にも分かるような二枚舌は止めた方がいい。

冷静に言えば、オリンピックとパラリンピックを開催することが原因となって、感染症の患者が日本国内で再び増加することはないと思うし、オリンピックやパラリンピックの会場がクラスターの現場となって世界中に感染が広まることもないだろうと思う(そもそも競技を終えたというだけで、すぐに帰国させるわけがない)。しかし、この状況で実施することで、不足している医療従事者を更に止められる筈のイベントに駆り出すことになる。また、感染症やウイルスに立ち向かう姿をアピールするなどと言っているが、既に我々は個々の国でそんなことは去年から続けているのだ。何もオリンピックでアピールしてもらう必要など一つもない。IOC は〈自分たちが〉自前のイベントであるオリンピックでアピールしたいという、合理的でも正当でもない単なる利害関係でそんなことを言っているにすぎまい。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook