2018年02月28日に初出の投稿

Last modified: 2018-02-28

神保町の「いもや」が3月末で閉店するというニュースが流れて、衝撃が走っています。

「いもや」の天丼

「天丼専門店で、天丼しかないお店」ということだけれど、はてそうだったのか。僕が20歳の頃に神保町で働いていたときの記憶だと、天ぷら定食もあったと思うのだが。いずれにしても、食事を残すと店主に酷く叱られる店として編集者のあいだでは有名だった店だ。

当時、僕は『月刊CDay』という CD カタログ雑誌の出版社でクラシック音楽を担当していて、指揮者になりたての飯森範親さんへインタビューしに、葉山までカメラマンの木之下晃さんと行ったのを覚えている。その帰りに、同行していた副編集長(確か30代前半の女性で、大学ではフランス文学を専攻したとか言ってた)と新橋で寿司屋に入り、海老とマグロを二巻ずつくらいしか食べてないのに3万とかボラれたのも、下らないがこれからも忘れない記憶なのだろう。いもやさんも、そういう些細な記憶の一つではあるが、天ぷらの美味さの基準になったのは事実だし、それはそれで良かったと思う。

ただ、僕は実際には神保町で働いていた2年くらいのあいだに、いもやさんへは3回くらいしか足を運んでいない筈だ。なぜなら、簡単なことだが、僕は混んでいる店が嫌いだからだ。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook