2022年04月14日に初出の投稿

Last modified: 2022-04-15

添付画像

SHARP AQUOS zero2 (SHV47) に使っているソフト・ケースが黄ばんできている。素材は「ポリウレタン系熱可塑性エラストマー」とか「熱可塑性ポリウレタン(TPU)」と呼ばれているウレタン樹脂、つまりはプラスチックの一種らしい。スマートフォンのソフト・ケースに使う素材としてはありふれたものだ。ハード・セグメントとソフト・セグメントという異なる構造を組み合わせていて、配合方法や成形方法を変えることで繊維、塗料、接着剤、合成皮革・人工皮革など色々な用途に使える。スマートフォンのケースとしても衝撃や油に強いといった特徴があって、シリコン製のケースよりも耐久性があるという。

ただ、ウレタン樹脂は熱や紫外線に弱くて、製造した瞬間からすぐに劣化が始まるため、衝撃への耐久性はあっても長期間の使用には耐えられない。ケースが黄ばんできているのは、AQUOS zero2 を手に入れたと同時に買ったので、もう2年も経過しているから自然な経年劣化なのだろう(家の外でスマートフォンは殆ど使わないので、紫外線の影響は少ないと思う)。SHV47 の機種変更は考えておらず、あと1年や2年は使いたいので、ケースくらいは新調しようか。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook