2018年12月08日に初出の投稿

Last modified: 2018-12-09

PAPABUBBLE(パパブブレ)の船場店が閉店(分かりにくい言葉なので使いたくないのだが、休みとか営業時間が終わったという意味ではなく、要するにこの店舗を廃業したということ)していたという話だが、Twitter で検索すると今年の5月には既に無くなっていたらしい。公式サイトにも全く告知がない。少し調べてみると昨年の3月には人気店だとか何とか言う提灯記事を東洋経済が公開しているので、そんな記事が出てから1年くらいで廃業する支店が出るのはブランドとしても良くないのだろう。

しかし、そもそも Twitter で検索すると、いくら公式サイトなどでネガティブな情報を出さずにおいたとしても、船場店がなくなっていることを勝手にツイートしているのは3人ていどしかいない。それに、僕も3回くらい店の前を通ったり入店したり買い物したことはあるが、いつも他に客はいなかった。本当に流行ってた店なのだろうか。いや、それどころか本当に流行ってるお菓子なのか。

たいていは大阪市中央図書館へ行った帰りだから、午後3時くらいであり、大阪へ遊びに来ている人や観光客が訪れていてもおかしくない時間帯だ。休日のそういう時間帯に客がいないのだから、もちろん平日に周囲の人々が高価なキャンデーを並んで買うとは思えないし、店を閉めることになったのは当然だろうと思うが、他の店舗でも果たして本当にそんなに売れてるんだろうか。おいしいキャンデーであることは認めるが、毎日のように食べたいものでもないし、毎日のように買うような値段でもない。そして、当然のことだがこんなものを頻繁に食べているような人は確実に太る。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook