2022年05月11日に初出の投稿

Last modified: 2022-05-24

Customers can purchase iPod touch through apple.com, Apple Store locations, and Apple Authorized Resellers while supplies last.

The music lives on

iPod Touch は終わりか。まぁ音楽プレイヤーを拡張していくよりも、時計や電話を拡張する方が消費者の母数は多いのだろう。それに、見ている限りでは音楽プレイヤーの品質って、そろそろ天井に来てるみたいだし。ハイレゾなんて言ってもたいていは無視されるし(いまだにカセット・テープの音質ですら愛好者がいるのだ)、それに音質の決め手はプレイヤーのスペックじゃなくてイヤフォンのスペックなんだよね。そして、イヤフォンのスペックを上げて5万円のイヤフォンを売ったところで、大きな販売予測なんて立てられまい。

[追記:2022-05-24] 後から調べると、飲食店の注文システムや簡易 POS として iPod の需要があったらしい。でもまぁ、そういう用途は「ライフ・ハック」に近いことなので、事業規模なんて Apple にしてみたら誤差みたいなものだと思う。iPod がなくなる影響なんて知ったことではないだろう。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook