2018年06月18日に初出の投稿

Last modified: 2018-06-18

僕は常々、明々白々な事実をあらためて強調するということには何らかの心理的な高揚を惹き起こす効果があるかもしれないと思っている。例えば、誰でもわかってることだと思うけれど、外国語を勉強すると外国人が何言ってるのか分かるんだよね。これは、やっぱり何度でも思い出すべき力強い事実だと思う。もちろん相手がどういう意味合いなり意図で書いたり話しているのかがクリアに分かるとは限らないし、間違えずに分かるとも限らないのだが、そういうリスクは日本語でやりとりしていても全く同じなのである。しかし、相手が何を言っているのか全く分からないというリスクの方が大きいという当たり前のことを前提に置けば、"You get a point" と言われて何のことか全く分からないよりも、それを「いいこと言うねぇ!」と意味で理解したり、逆に「またヤバいことを言うよ、この人は」という意味で理解するブレがあろうと、ともかく相手が何かを自分に言っていると分かるだけでもいい。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook