2022年07月25日に初出の投稿

Last modified: 2022-07-26

32万人を失業させるわけには行かないので、医師の仕事の一部を薬剤師ができるようにすればいいと思います。今はワクチンの接種も薬剤師に認めていませんが、ゼロリスクを求めていたら国民医療費はどんどんふくらみます。

薬剤師って必要なの?

どこかの維新ファンと同じで、「無駄」と判断したらなんでも切り捨てるというのがリバタリアンの得意技だ。しかし、口先だけの社会的なオッカムの剃刀を振り回して後の責任を取らないのも、リバタリアンの習い性というやつである。あの仕事は無駄だ、この産業はなくていい・・・その方が国庫を別の目的に使えるようになったら、自分たちが無条件に豊かに暮らせると錯覚している馬鹿が、かような暴言に拍手喝さいを浴びせるのだ。

そういう人たちのパターンと言えば、無能のくせに上場企業で35年ほど働いただけで数千万の退職金という小遣いをもらってリタイアした元組合員とか、逆に働いたことが一度もないネトウヨの小僧や主婦とかであり、日本に生まれ育ったという事実を何かの特権や既得権益であるかのように錯覚している。だが無知無教養のクズどもであるがゆえに、何もせずに他人を切り捨てるだけでのうのうと暮らせるのが「美しい国」を恋焦がれているというわけだ。彼らにとって、どこかの障碍者や生活保護受給者や LGBTQ といった人々、つまり自分以外の余計な人間というのは、要するにリバタリアン的には存在していてもいなくても構わない、アクション・ボタンにすら反応しない、街中でウロウロしているだけの NPC みたいなものなのであろう。

哲学者として教えておいてやるが、池田信夫君や維新らの言っていることはもはやリバタリアニズムですらなく、殆ど共産主義者やファシストの言ってることと同じである。人の職業や生活する手段を、市場原理や「ナッヂ」とかいう人心操作で誘導したり、あるいは行政的に強制すると言っているのと変わらないからだ。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook