2018年10月26日に初出の投稿

Last modified: 2018-10-26

さて、21世紀も10年過ぎた今、こういった差別問題はどうするべきなのでしょうか?同和対策も新しい段階に入ったと言えましょう。とにかく特に西日本の人に言いたいのですが、そんなことで同じ日本人を差別するのだけは止めた方がいいでしょう。私がどうして差別をすると西日本の人を問いただしたところ、「ただ何となく」という答えが多かった事を覚えています。そんなナンセンスな理由でその人の一生を台無しにする差別は本当に理不尽です。東日本出身の私にはこの点でどうしても西日本の人間が理解できません。

「shinzeiの晴耕雨読日誌(273)私にはどうしても理解できない事」

http://shinzei-co-led.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/shinzei-8c8b.html

(リンクすること自体が社会正義に反している可能性があるので、敢えて自動リンクは解除しました。全文を読みたい人は勝手にどうぞ。)

自分自身の言っていることが、差別について考えたりどうこう意見するという動機によって保障されたり正当化されるかのように無自覚な人の文章を読むと、本当に頭が痛くなる。もう8年も前の記事だから、この人物が少しでも冷静でまともな大人の思考をするようになっていることを望みたいところだが、どうなんだろうか。念のために書いておくが、本当に差別がなくならないのは・・・自分の文章を改めて読んでみなさいと、この人物には言いたい。ていうか、わざとこんな小心者ぶった文体で書いてるだろう。卑怯者め。

[UPDATED]

「shinzeiのエッセイ(19)ハングゲ ヨジャヌン ムソヲヨ (韓国女性は怖いよ)」

http://shinzei-co-led.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/shinzei-e32c.html

何が「エッセイ」だ。ただのヘイトスピーチじゃないか。要するに、昔からこの手のネタ振りを繰り返してるのか。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook