2018年06月20日に初出の投稿

Last modified: 2018-06-20

添付画像

ページの末尾に、同じカテゴリーのページへ水平に遷移するリンクを追加した。もちろん、ページを読んでいる人にとっては「水平」だろうとなんだろうと構わない(この言い方は運営側の観点にすぎない)が、連れ合いから指摘されて、確かに必要な導線だと思った。いちいちフロントページに戻ってサイトのコンテンツを見て判断してもらえばいいと思ったが、PHILSCI.INFO のように数ページならともかく MD は既にそんな余裕のある数ではなくなっていた。カテゴリー別に整理はしているが、「目次」というモデルに拘るのは、結局のところ hyperlink の概念を無意味に制約するレガシーな文書構造の理解であろう。

ということで、船場センタービルは画像付きで、それから鹿持雅澄はテキストリンクで追加してある。他のカテゴリーについても追加する。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook