2018年03月16日に初出の投稿

Last modified: 2018-03-17

添付画像

Perceptrons: An Introduction to Computational Geometry

ミンスキーとパパートの『パーセプトロン』は図書館で借りて目を通したことがあって、ぜひ手元に置いて詳しく学んでおきたいとは思うのだけれど、品切れである。アマゾンでも 10,000 円に迫るプレミアがついていて、さすがは機械学習ブームというものだが、果たして MIT から出た新しい序文付きの版を翻訳で出すところはあるんだろうか。こういう基本書と言ってよい本は、ぜひ多くの学生が自分で買って読めるくらいの値段(もちろんバイトして 10,000 円でも買う人はいるだろうが、そこでハードルを作る意味はない。そんなハードルを越えた者だけが有能だという保証など全くないからだ)で普及してほしいとは思うのだが。

[2018-03-17] さきほどアマゾンで中身を見たら、CC BY-NC-ND じゃないか。翻訳は勝手にできないけど、非営利でなら再配布できるな。でも、どこにも PDF 版はないんだよねぇ。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook