2017年09月20日に初出の投稿

Last modified: 2017-09-20

安藤忠雄氏 大阪市に児童向け図書館の寄付提案

この事案は、維新に反対する人たちが「かつて大阪府立児童文学館を統廃合で潰しておいて、今度は自分たちの利権で同じようなものを建てようとしている」と怒ってるわけだけど、僕もちょっと意図が分からないんだよね。安藤忠雄さんは、大阪府立児童文学館がいまでも東大阪の府立中央図書館に統廃合されてはいるものの事業としては存続していることを知らないのか、それとも単に名目は児童向けだろうと宇宙人向けだろうと何か建築物を建てたいだけなのか。それから、これは大阪に住んでいる人間として言いたいのだけど、こういう「文化的なもの」を安易に北摂(しかも万博公園の周辺)に作ろうとする偏向はどうにかならないものかと思っている。一貫した何か計画をもって万博公園の周辺を文化的な区域にしたいならともかく、そういう意図も殆ど見えない。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook