2022年07月13日に初出の投稿

Last modified: 2022-07-13

Let this paragraph represent a right to use, distribute, modify, enhance, and otherwise make available in a nonexclusive manner CP/M and its derivatives. This right comes from the company, DRDOS, Inc.'s purchase of Digital Research, the company and all assets, dating back to the mid-1990’s. DRDOS, Inc. and I, Bryan Sparks, President of DRDOS, Inc. as its representative, is the owner of CP/M and the successor in interest of Digital Research assets.

CP/M is really open-source now

いにしえの OS と呼んでもいい CP/M だが、初期の UNIX というか C Shell に関連する情報を調べているときに、CP/M のドキュメントも参照した。また、OS の設計とか実装という点では、現在でも教材としての意味があろうと思う。ともあれ、The Unofficial CP/M Web site でも "For the CP/M software on this site, including the Original Source Code, there's a special license by Lineo, Inc. (Updated 9th July 2022)." と書いて強調しているとおりなので、僕も最初期のソース・コードを参考のためのダウンロードしてみた。いまとなっては驚くほかにないが、ZIP ファイルで僅か 12KB である。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook