2018年01月27日に初出の投稿

Last modified: 2018-01-27

《日経Robo》なぜディープラーニングがうまく学習できるのか

またぞろドットコム・バブルの再来という感じだけど、こういう記事も囲碁将棋で勝ったていどの実績から読み手に都合よく類推させるプロパガンダだよね。シンギュラリティとか叫んでる連中の中にも、同じような認知バイアスを利用したトリックを使う人がたくさんいる。

はっきり言って、ディープラーニングを利用して大きな成果の上がっている分野は限られているし、研究者が言っているように、その中でも限定された課題、例えば自動運転技術では画像解析と音声音響解析を担っているくらいのものだ。しかも実用化の目処はない。囲碁将棋でどれほど強いパターンを導こうと、羽生さんらには悪いが、それで何か人類の福祉や社会の進展に役立つというものではなかろう。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook