2018年10月25日に初出の投稿

Last modified: 2018-10-25

添付画像

出勤する途中に通る遊歩道は、この「アベリア」という低木が植えられている。アベリアの花は香りが強い。そして、なんとなく感じるのは、公衆トイレだとか、公園の近くにトラックやタクシーが停車しているところで感じる、小便をした跡の臭いに似ているということだ。なので、花の香りとはとても感じられず、僕はこの花が植えられている区画では殆ど鼻で息をしないで通過している。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook