2021年04月05日に初出の投稿

Last modified: 2021-04-06

ノーマン・ロックウェルが表紙を手掛けていたことでも知られる "The Saturday Evening Post" という雑誌があって、たまたま購読料を確かめてみたら年間で $15 という破格の設定になっている。しかも、紙の雑誌とウェブの組み合わせですら、同じ値段となっていた。既に Aeon と The New York Times を購読しているので、英語の教材としてだけなら十分な分量ではあるけれど、この雑誌にも惹かれる。こういう、おおぜいの凡人が読んでいた媒体というのも、アメリカの生活とか精神史を知るためには、よい資料だ。

・・・と思って、試しに購読手順を踏んでみたら、あいにくクレジット・カードしか決済方法がない。残念。PayPal か Google Pay が使えたら、紙とウェブの購読を1年だけしてみるかと思ったのだが、これでは門前払いだ。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook