2018年03月10日に初出の投稿

Last modified: 2018-03-10

まちづくりと歩行空間―豊かな都市空間の創造をめざして

あと、鹿島出版会からは『歩くこどもの感性空間―みんなのまちのみがきかた』(千代章一郎)や『群集安全工学』(岡田光正)という本も出ている。こういう業績が増えてくれたらいいな。あと、『歩行者のための都市空間』という本も出ているのだけれど、著者であるジェフリー・M.ジュパンとボリス・S.プシュカレフの綴りが分からない。色々調べていたら、東大図書館の書誌情報に "Pushkarev, Boris <DA03288197>," Zupan, Jeffrey M. <DA03288211>" とあった。さすがは丁寧に記載している。

原著は著者の一人であるジュパンさんが所属している Regional Plan Association によって Scribd で公開されている。もう一人のプシュカレフさんについては、よく分からない。

https://ja.scribd.com/doc/36643404/Urban-Space-for-Pedestrians

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook