2018年03月22日に初出の投稿

Last modified: 2018-03-22

添付画像

昨日、春分の日ということで朝はゆっくりできたため、大勢やってきた雀たちに朝食を与えてから 7:30 くらいに Photoshop を立ち上げて「船場センタービル」の地図を作っていた。それから昨日は何時間かかけて、何枚かの拡大地図を作ったり新しいページを作って、帰宅するときによく通る施設のことを書いておくことにしたのである。上記の地図は、そのページで使うものだ。直に船場センタービルを表しているわけではないが、土佐堀川・東横堀川・中央大通・阪神高速1号環状線(あるいは四ツ橋筋)に囲まれた区域に適当な呼び方を思いつかなかったので、この区域について言及するたびに難儀していたのだが、丁寧に調べてみると、大阪市が「HOPEゾーン事業」というのをやっていて、古い建築物や敷設物の保全を助成しているらしく、ちょうどこの区域を「船場地区」と定めているので、流用させてもらうことにしたのである。

ちなみに、歴史として正確な意味で「船場」と呼ばれた区域は、南限が長堀通までとなるらしい。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook