2019年10月09日に初出の投稿

Last modified: 2019-10-09

添付画像

当サイトで公開している船場センタービルのページをご覧いただければ分かるように、僕は船場センタービルの運営や設計について否定的な評価を色々と書いている。単なる観光ガイドのようなコンテンツなら、じゃらんや Tripadvisor を始めとする適当なサイトが山ほどあるので、それらを見て安っぽい体験を積み重ねて「ディープな大阪」とやらを語ってもらえばいいが、僕はビジターに船場センタービルを見物に行ってもらいたいわけでもなければ、大阪維新が過去に提案したような船場センタービルの解体と公園化のプランへ反対するためにコンテンツを公開しているわけでもない。施設として維持されるか無くなるかは、実は僕にとって些末な話でしかないのである。

そもそも、船場センタービルの歴史を調べるとすぐに分かるとおり、あの施設は基本的に入居者のために作られたと言ってよく、利用者の視点が根本的に欠落している。僕が当サイトの各ページで指摘しているのは、原則としてそのような理解に立っての話である。よって、こういう施設が入居者の事情を理由として存続するのも構わないし、利用者(不在)の事情を理由として解体されるのも仕方のないことだ。どちらにしても都市計画上では一定の理由があるので、事の帰趨は都市計画の学者やわれわれ哲学者が勝手に議論して決めるようなことではない。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook