2018年08月31日に初出の投稿

Last modified: 2018-08-31

添付画像

旅日和 ウォーキングシューズ

mizuno のウォーキングシューズは踵の内側が壊れてきたので、前に履いていた「旅日和」という安い靴を LIFE で買ってきた。前に買ったのはスリッポンだったから、今回は試しに紐靴にした。僕は紐靴は面倒なので嫌いなのだが、この靴はウォーキングシューズに多いサイドファスナーが付いているため、脱ぎ履きしやすい。いま履いている mizuno のウォーキングシューズも、サイドファスナーが付いているから買ったのだった。

それはそうと、LIFE で 27.0 4E を見つけて店頭の靴を履いて確かめたのはいいが、この靴を入れる箱がない。もちろん棚の下に積んである商品にも 27.0 は無いので、店員さんに箱へ入れてもらおうと思ったが、どこにもいない。店員が寄ってきてあれこれと商品を勧めたりするのは迷惑だが、必要なときに限っていないのも困る。というか、万引き対策で別室の社員が監視していたり、応対の必要があれば「何番売り場、到着しました」とか意味不明な符牒で店員に知らせるようになっているのではなかったのか。

仕方なく、靴を裸のままカウンターへ持っていくと、どうも当然のように袋へ入れて会計されてしまったので、LIFE では靴を箱の無いまま販売することは珍しくもないのだろう。考えてもみれば、箱なんて自宅でもゴミになるだけなので、箱が無いまま会計しても店員に違和感を与えないのであれば、これでもいいと言えばいい。別に箱に入れてもらうことなど客の特権でもなんでもない。要するに履ける靴が安く買えたらいいのだ。「旅日和」は税込みでも 4,000 円ちょっとである。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook