2018年04月11日に初出の投稿

Last modified: 2018-04-11

添付画像

国立国会図書館のサイトで検索すると、こういう結果が出てくることがあって、右端にあるリンクをクリックしたら電子化された記事を読めるのかと思ったら、これ実は「格納場所を確保してあるディレクトリ(URI)」へリンクしているだけにすぎず、大半の文献は著作権の確認ができていないという理由で全く中身を読めない。書誌情報は分かるので、いくらか参考になるページなのだが、アダルトサイトじゃあるまいし、こういうボタンは止めた方がいいな。書誌情報しか読めないということを straightforwardly に書いた方がユーザビリティとしては優れていると思う。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook