2018年03月03日に初出の投稿

Last modified: 2018-03-03

全ガンダム大投票 40th | NHK

視聴率やパブリシティとしてガンダムシリーズを取り上げるのは分かるけど、SF 評論としてはともかく、社会学なり民衆史としての評価がはっきりしないアニメ、しかもその一つのシリーズだけを取り上げるというのは、趣旨がはっきりしない。ともあれ、投票した内容を説明しよう(笑)。

作品:機動戦士ガンダムUC(OVA)。理由は凄く簡単で、世界観として行くところまで行ってしまったからだ。宇宙の果てまで視野に入れて「意味」を語られたのでは、これ以上は別の宇宙とか別の意味のスキーム、つまりはニュータイプとはぜんぜん違うスキームが必要になる。僕自身は「ガンダムはこれで終わった」と思えた作品だ。次点は、やや陳腐だが敢えてエリート主義を持ち出した F91 だ。

メカ:リックディアス(Ζガンダム)。リックドムと選択に迷ったが、更に安定感がある方を選んだ。

キャラクター:ブライト・ノア(機動戦士ガンダムUC)。自信過剰なところが自分に似ているという理由でイオ・フレミング(機動戦士ガンダムTHUNDERBOLT)という選択もできたが(笑)、実際問題として登場人物の名前までちゃんと覚えている作品は少ない。となると、やはりブライト(しかも、あるていど成長した)かなと思う。

ガンダムソングス:BEYOND THE TIME(EXPANDED VERSION、TM NETWORK、機動戦士ガンダム逆襲のシャア)。小室哲也が引退するということで記念しておこう。ていうか、なんで一つを選ぶのに「ソングス」なんだよ。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook