2019年07月29日に初出の投稿

Last modified: 2019-07-29

添付画像

因みにうちの近所のジュンク堂では普通に定価で売ってました。アマゾンもこういう転売業者優遇はいい加減やめていただきたい。因みに絵本の内容は素晴らしいです。確かに翻訳はいまいちですが、絵の迫力が掛け値なしです。

ご注意!定価2800円(税別)の本です

mamazon とかいうユーザのカスタマー・レビューだが、意味が分からない。ちゃんと定価で、わざわざ値段を新刊本だけ大きな字で囲んでまで、PC 版でもモバイル版でも表示していると思うが、これのどこが「転売業者優遇」なのだろう。税込みと税抜きの区別もできない馬鹿のくせに、アカウント名の一部で主婦を装っているのだろうか。ちなみに、こういう手合いを「ネカマ」と呼ぶのも LGBTQ の差別につながるだろうから、もしも男性なら単に「クソ野郎」と言っておいた方がいいと思うんだよね。女性なら? 知ったことか。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook