2017年04月28日に初出の投稿

Last modified: 2017-04-28

中学教諭、勤務週60時間超57% 部活の負担重く

「文部科学省は28日、2016年度の教員勤務実態調査の結果(速報値)を公表した。学内勤務時間は前回調査の06年度から増え、時間外労働が月80時間超に相当する週60時間以上働いている教諭の割合は小学校で33%、中学校では57%と半数以上を占めることがわかった。」

ということらしい。もう blockquote でいちいち囲むのが面倒臭いから、こういう書き方をすることにしたよ(笑)。

ともかく、或る意味では教育関係者の「自業自得」と言えないこともない。そもそも部活って、教育的な意義として必要なのかという点が疑わしいからね。1980年代くらいまでの、それこそ日本が発展途上国だった時代には学校という組織の補助訓練として必要だったかもしれないけど、だいたい生徒全てが何がしかのクラブに入るべしとか言ってる時点で、お馴染みの官僚社会主義でしかない。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook