2018年08月11日に初出の投稿

Last modified: 2018-08-11

ストーリーは基本的に、ゴージャスなヒーローと健気なヒロインが出会い、一見乗り越えられないようなものすごい障壁が立ちはだかるんですが、なんだかんだあって乗り越え、永遠の愛を誓うという構成ですね。

【究極のロマンス小説】現役編集長に聞く、「ハーレクイン」入門講座

「ハーレクイーン・ロマンス」というシリーズの小説って、それこそ僕らが高校生の頃から昔の版下を切り貼りして新しい小説を発行してるんじゃないかとか、昨今なら AI のエンジンを開発して原稿を自動生成してるんじゃないかと言われるほどの、フォーマット化されたストーリーの代名詞みたいに言われてるわけだけど、実はハーレクイーン・ロマンスの小説を読んだ人って殆どいないと思うんだよね。僕も一冊だって読んだことはない。だから、ハーパーコリンズが運営しているハーレクイーンの公式サイトを見ても、「作者がいるんだ」とか(笑)、そんなことにすら驚く始末だ。

ちなみにキャッチコピーは「恋は、本屋さんに売っている」だそうな。そんなわけあるか。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook