2018年02月22日に初出の投稿

Last modified: 2018-02-22

A paper posted online last month has reignited a debate about one of the oldest, most startling claims in the modern era of network science: the proposition that most complex networks in the real world—from the World Wide Web to interacting proteins in a cell—are “scale-free.”

The Controversial Theory That Explains the Structure of the Internet

というか、そもそもネットワーク理論そのものが日本では殆ど普及していないので、スケールフリー性についてどうこう論じても口先の営業ワードとして消化されるのがオチだろう。こういうテーマは、社会学だろうと生物学だろうとコンピュータ・サイエンスだろうと、学ぶべきことは多いはずなのだけれど、書店で類書を眺めていても、村上陽一郎さんの本とかと一緒に置かれてたりするんだよね。(ミスマッチだと言いたいだけであって、どちらかを貶めるような他意はない。)

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook