2019年06月07日に初出の投稿

Last modified: 2019-06-07

添付画像

Termius

ssh クライアントだ。Windows のデスクトップ・クライアントもあるが、上記のリンクは Android 用のアプリケーションである。TeraTerm に不満はないが、別のクライアントをいじっておく経験はあった方がいいので、Putty も使っておきたい。その一環として、Hacker News にも紹介されていたので、Windows 版はインストールしてみた。

起動すると、ログインしないと使えないかのような UI だが、画面の下に小さい文字で "Continue without login" と出ているので、これでひとまず進めると、テーマをカスタマイズする画面に進む。それが終わると接続コマンドを入力するバーが出てくるので、たとえば僕が社内の FreeBSD に接続する場合は "ssh root@192.168.1.201 -p 2200" などと打ち込んでから、鍵を処理したり known hosts に追加したりパスフレーズを入力して、接続できる。ちなみに、リモートのサーバへ接続するときは、いきなり root でログインするのは乱暴なので、ssh の設定は変更しておいた方がよい。

ただ、これはログインして幾つかの機能(SFTPとか)が使えるようになるらしいので、まぁ商業的な用途では使えないな。なんでサーバへの機密通信を、他人のサーバへセッションを通しながら運用しなくてはいけないのか。全くの本末転倒だ。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook