2018年01月31日に初出の投稿

Last modified: 2018-01-31

添付画像

ただいま Google Maps API v.3 を使ってオリジナルの地図を作っている。もちろん歩行論でも使うフィールド・マップなのだが、スタイルの適用範囲に規則性がないように思うので、一つずつ組み合わせを試さないといけないのが辛い。たとえば、道路の色を color プロパティで指定しようとすると、ズームを 17 くらいに拡大した地図では road 以下の分類(高速道路とか幹線道路とか)が無視されるようだ。また、そもそも elementType も fill と stroke を区別して色を設定できないらしく、「道」の色をどうするかという設定しかできない。なかなか雑な API だ。

取り敢えず白地図に近いものを作ろうとしているので、zoom: 17, disableDefaultUI: true, scrollwheel: false としておいて、あとはスタイルの JSON を styles: [ { "elementType": "labels", "stylers": [ { "visibility": "off" } ] } とし、landscape.man_made と poi は fill が #f8f8f8、stroke が#666666 くらいにしておき、道路が上記のとおり色分けできないため、一律に #ffffff で塗っている。その他、大阪市内の地図なので川と公園を薄く青や緑で塗っているていどのシンプルなものだ。これをずらしながら PDF に出力して、あとから Illustrator CC 2018 で並べたりトリミングして完成となる。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook