2018年09月03日に初出の投稿

Last modified: 2018-09-03

土曜日から外出するときに履いて馴らし始めている「旅日和」という靴なのだが、指の付け根で曲がる箇所と靴に付いている折れ皺の箇所が少しズレているので、足のアーチに靴のアッパーが合うまで暫く「靴を訓練」しなくてはいけない。最初はおかしな箇所で折れ目が足に当たってしまうため、指先を曲げないように重心を後ろにした、いわゆる「社長歩き」をするのが良さそうだ。

それから、安物ゆえと言えばそれまでなのだが、サイドファスナーの作りが良くない。ファスナーを閉めようとすると、内側の繊維を挟んでしまうことが多くて、せっかく紐を結ばずに早く履けるという利点が失われてしまう。何度かやってみて、ファスナーで靴(足)を持ち上げるように引っ張りながら閉めると、他の部位を挟まずに閉められるようだ。その代わり、ファスナーに余計な力がかかるから傷みやすくなる恐れはある。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Twitter Facebook