2017年11月17日に初出の投稿

Last modified: 2017-11-17

母を悩ます“3歳児神話”

>> 大日向さんの話ではまず、「“3歳までが非常に大切な時期”というのは真実。この時期に愛され自信を持ち人を信じる心を育むことは崩してはならない」。ただ「その時期に“母親が育児に専念しなければいけない”は修正が必要。母親だけでなく、父親や祖父母、地域の人などさまざまなところから愛情を受け取れる」。 <<

誰もそんな「真実」なんて最初から話題にしてないし、もし次にそれを言い始めたら、今度は核家族も差別される(まず母親にプレッシャーがかかっていたのは解消されるが、次に母親が頼る夫も両親も周りにいないという「状況差別」が起きる)だけじゃないのか。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook