2018年03月02日に初出の投稿

Last modified: 2018-03-02

しかし特に肯定的な意図ではなく、単にあとで読んだり参考用に印をつけるいとで使っても、「お前はこのツイートの趣旨に賛同するのか」的な解釈をされることもあり、純粋なブックマークとして使いづらかった面もあります。

Twitterが新機能「ブックマーク」追加。「いいね」と違い他人に見えないツイート保存機能

第三者に誤解される恐れがなくなるのはいいけれど、まぁそもそもブックマークするべきものなどないと割り切って使ってない人間からすれば、どうでもいいことではある。それよりも Wikipedia にブックマーク機能がない(モバイルのアプリケーションにはあるけど、PCサイトに機能がない)のは、みんなどうしてるんだろうな。ブラウザ依存という条件なら、Chrome 用にも Firefox 用にもあるわけだけど、そんなものを求めているわけではない。

ちなみに、モバイルの Wikipedia アプリケーションについては Google Play でアプリケーションの review にも書いているのだけれど、起動するときにフロントページで履歴やランダムで選んだエントリを読みこむ動作のせいで、Wi-Fi 通信の環境ですら検索ボックスの UI が反応するまでに 20 秒くらい待たされる。別にこんなものを表示したところで収益に結び付くわけでもなく、そもそも調べものをするために使おうという人間が無関係なエントリーを眺めるわけでもなし、なんでこういうプッシュコンテンツを使うなどというペルソナを想定して UX 設計をしているのか、理解に苦しむ。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook