2017年09月20日に初出の投稿

Last modified: 2018-01-30

kinokuniyanet @kinokuniyanet 1h 既存の児童文学館を廃止 → 維新の改革でムダを無くした 児童図書館建設へ寄付募集 → 維新の改革で新しく作った ※大阪人アホやから維新ぐらいでちょうどいいwww

岡山大学の教員が RT してるんだけど、学術研究者がこういうゴロツキみたいな連中のツイートを RT するのって、どうかと思う。そもそも公の発言で草を生やすなんてのは、ていどの低い「ねらー」か、それらの真似をしてるだけの子供だろうし。このツイートにしたって、大阪に住んでる人をバカにしたいだけなのか、それとも維新がやってる政策をからかいたいのか、脈絡がはっきりしない。そして、こういう脈絡がはっきりしないツイートを、法哲学をやってるらしき研究者が気楽に RT するというのも、随分と不見識なことだなと思う。大阪にも、こういう政策を馬鹿げたことだと思ってる人はたくさんいるわけだし、東京にもなんとかファーストに反対している人がたくさんいるだろう。アメリカにもトランプ政権に反対する人はたくさんいるし、ブータンのような国ですら政策に批判的な人がいるに違いない。

大阪に住んでいる人の中に愚かな人間がいるのは確かだろう。しかし、同じことは東京にもニューヨークにもルクセンブルクにも言えるのであって、愚かな人々が一部にいるというだけで、その地域に住む人すべてに愚かな政策が相応しいということであれば、およそヒトは有限の存在として原理的に全能ではありえないのだから、どんな政策にも反論できなくなるという自滅的な帰結しか出てこない。そして、そのように自滅的な帰結しか出てこない愚かな議論をしているからといって、この kinokuniyanet とかいうアカウントの運営者には「このていどの愚かな議論くらいでちょうどいいwww」と、反省したり再考したりやり直す道を断ってしまうと、誰であろうと先には進めなくなる。

もちろん、このアカウントの運営者が、何をしようと同じことだと割り切っているなら問答の余地はない。こちらもバカを説得する時間など惜しいし、放置しておいて社会科学的なスケールで何らかのリスクがあると想定できないなら、放置しても問題はない。こういう人々がさっさとこの世界から消えていなくなるのを待つしかないのだろう。

  1. もっと新しいノート <<
  2. >> もっと古いノート

冒頭に戻る


※ 以下の SNS 共有ボタンは JavaScript を使っておらず、ボタンを押すまでは SNS サイトと全く通信しません。

Google+ Twitter Facebook